引越受付 (0120)154-170  赤帽いつも元気引越サービス

引越お役立ち情報

赤帽引越 引越前準備のポイント

チェック、手続き、必要なもの、準備するもの、届出先、連絡先

・賃貸の場合、引越1ヶ月以上前に賃貸契約の解約

・契約書を御確認の上、大家・管理会社に連絡

・荷物の量や、数量を想定してから赤帽までご連絡

・引越1週間前に住民移動届と住民転居届

・印鑑・国民健康保険証
※市区町村で必要なものが異なります。窓口にお問い合わせ下さい。

・郵便物の転送届け(1年間有効)


 

 

電化製品の引越準備

冷蔵庫

前日にコンセントを抜き中身は空にして霜取りをして置いて下さい。

テレビ ビデオ ステレオ

配線はすべて外しておいて下さい。テレビ台の中にあるビデオテープその他の小物類はダンボールケースに入れて下さい。

照明器具

プラグ式で接続されている照明器具は、そのままでけっこうですが、直接配線で接続されている場合は電気工事が必要です。前もってご連絡下さい。(オプション)

エアコン

取付け、取り外し工事が必要な場合は、前もってご連絡下さい。(オプション)

ファンヒーター(石油) 石油ストーブ

灯油タンクは空にして下さい。タンクの下の残っている灯油はポンプで吸い取って下さい。運送途中で漏れが発生する恐れがあります。

洗濯機

運べる状態にして置いて下さい。

注意 水道蛇口を必ず止めてから外して下さい。

付属金具やホースは紛失しないように袋等に入れて本体の洗濯槽などに入れておきましょう。

わからない場合は 当日に係員におまかせ下さい。

浄水器 洗浄便座洗濯機

電気工事が手配が必要です。前もってご連絡下さい。(オプション)

パソコン

データーは必ずバックアップして下さい。配線はすべて外しておいて下さい。

購入時の箱があれば入れておいて下さい

インターネット

早めに手続きをしておきましょう。


 

 

家具など収納されている荷物の梱包

仏壇の配送(運送)

お仏壇を移動する前に魂抜きを、また設置した後に魂入れをお勧めします。

お仏壇を移動する前に魂抜きを、されない場合は 大切なお位牌などはご自身で新居まで持参下さい。

仏壇の中身は全てお客様にてダンボールに梱包して下さい。仏壇内部の照明・装飾等は可能な範囲で外して頂き、外せない物は必ずタオルや新聞紙等で保護・固定しておいてください

洋服ダンス

ハンガーにかかっている洋服は当日ハンガーボックスを持参しますので、引越当日までそのままでけっこうです。 引出しの中身はダンボールに入れて下さい。

和ダンス 整理ダンス チェスト

引出しに入っている中身は必ずダンボールケースに入れて下さい。

中身入りで運ぶと家具の変形の恐れが有り、家具を痛める原因にもなります。

食器棚

食器類は割れないように1個づつ新聞紙等で厚く包んで小さ めのダンボールに分けて入れます。この際、隙間にも新聞紙を詰めて、箱の中で食器が動かないように気をつけ ましょう。後は、ダンボールに「ワレモノ」と書いておけばOKです。

本棚 机

本やCD等は小さめのダンボールに入れて下さい。重たくなると底抜けや箱の変形等で荷物を痛める原因にもなります。

お子様など翌日に学校で必要な教科書などはランドセル、カバンに前もって入れるようにして下さい。


 

 

赤帽の引越・引越し荷物荷造りのポイント

ふだん使わない物から荷造りにかかります。(季節外れの衣類など)

あまり使わなくなった物や、新居での必要性などを考えて、引越し前に処分やリサイクルする事も考慮して下さい。

ダンボール詰めの時は中身がわかるようにマジックで中身荷物を記入。

1階和室、洋室、台所、2階子供部屋など荷物の行く先など記入があれば荷物搬入がスムーズに行きます。

貴重品は、荷物に入れられませんので必ずお客様の手で運んでください。


 

 

引越お役立ちメモ 1

引越お役立ちメモ 1

書籍、書類は小さなダンボール箱
衣類は大きなダンボール箱
にまとめましょう
特に本をつめ込みすぎると、後で持てなくなるほど重くなります

その前にいらない物は早めに処分しましょう
引越直前の整理するとゴミを出す曜日とかが合わなくて困ります


 

 

1 / 11