引越受付 (0120)154-170  赤帽いつも元気引越サービス

今月のメッセージ

春らしくなってきました

3月に入っても寒い日が続いていましたが、半ばになってようやく春らしくなってきました。新生活のスタートが始まる春です。新しい部屋には次々と物が増えていきますが、そんな時には「赤帽いつも元気引越サービス」が荷物運びのお手伝いをいたします!


 

 

赤帽いつも元気引越サービス 緊急配送部 開設いたしました。

赤帽いつも元気引越サービス 緊急配送部 開設いたしました。

軽量・小型・少量 かつ大事なお急ぎの荷物が出たら 今すぐ お電話ください。

詳しくは≫こちらをクリック!


 

 

水道蛇口を締めた時の音

水道の蛇口を急に締めたり、全自動洗濯機を使っていると「ドン」という音がする時があります。水圧が上がった場合などに起こるウォーターハンマーと言われる現象らしいですが、蛇口をゆっくり締めることでも防げますが、長期間使っていない蛇口などでは途中に空気が溜まっていることがあり、一度勢いよく水を出してみることで空気が抜けてドンという音が少なくなることがあります。


 

 

真冬が早く来ました

いつもは1月頃が真冬の寒さになることが多いのですが、今年は真冬が早く来たようですね。

地球温暖化といっても冬は逆に雪が多くなったり寒くなったりするようです。

赤帽車は軽自動車とはいっても四輪駆動の特別仕様の車なので悪路でも頑張って走れます。


 

 

オール電化

築年数の古い家に引っ越した時は、コンセントの数や電気の容量に注意しましょう。築年数の古い物件の場合、建物ができた頃には、電子レンジもIHコンロも普及してなかったですし、オール電化の家などはほとんど無かったので、配線の容量が小さかったり、電力会社によっては、使える電気の上限があったりします。その場合、寒くなってきてエアコンと電気ストーブを同時に使うとブレーカーが落ちて家じゅう真っ暗になったりします。真冬になってから気づくこともあるので早めの確認が安心です。


 

 

大形台風が多いですね

今年は秋になってからの大型台風が多いですね。
荷物を運ぶ前に引っ越し先の下見に行った時に、換気のために窓を少し開けておいたりすると、人が居ない間に大雨で室内が水びたしになる事もあります。水自体は乾くのですが、壁が湿気で変色したりカビの原因になるので注意しましょう。


 

 

引越しダンボール

引越しに使ったダンボールはかさばって邪魔になるので、すぐ処分したくなりますが、電気製品などは、その製品専用の大きさになっているので同じ大きさの箱は手に入りません。そのようなダンボールは、製品修理の際などに必要になるので、しばらくとっておきましょう。またダンボールは湿っけてしまうと弱くなるので乾燥した場所で保管しておきましょう。以前に比べて発砲スチロールを使わずにダンボールだけで梱包しあるものが増えてきたので、ゴミの量は少なくなってきました。


 

 

残暑

これから9月にかけては、日中はまだまだ真夏の暑さですが、朝夕はだんだん涼しくなっていくので、引っ越しのチャンスです。引っ越し荷物は大きな段ボールに目一杯詰め込むより、自分で楽に持ち上げられるくらいの同じ形の段ボールに小分けするほうが疲れなくて済むようです。今の高層マンションにはエレベーターが付いてますが、古くて安い賃貸だと4階まで階段というのも多いので注意が必要です。


 

 

梅雨明け

梅雨明けしていよいよ本格的に夏らしくなりそうです。夏場に涼しくて冬場は暖かいなどという部屋はなかなかありませんね。夏休みを利用して引越しをお考えの学生さん、会社員さん、ぜひ、「赤帽いつも元気引越サービス」をご利用ください。


 

 

梅雨の季節です

梅雨の季節ですが、年々、季節の変わり目がわかりにくくなってきた気がします。冬に引越しをすると、夏になってみて、予想以上に部屋が暑くて湿気だらけの事に気づくことがあります。日当たりの良い最上階や南向きが住みやすいとも限らないので、お引越しの部屋選びは充分に事前検討してください。


 

 

2 / 41234